こどもの目の病気

こどもの目の病気・小児眼科

小児が成人と決定的に異なるのは、視力の発達段階にあるということです。
適切なメガネをかけるだけではなく、視力発達の感受性期間(6~8歳まで)に、視機能を十分発達させることが大切です。治療が遅れたり、不十分ですと、生涯にわたる視力障害(弱視)を残してしまう可能性があります。

イラスト
視力はいつごろから発達するの?
・ヒトの視覚の感受性は3ヶ月ごろから上昇し1歳半をピークに8歳くらいまで続きます。
・視力も3ヶ月ころから急速に発達し、3歳で0.5~0.9、4歳~5歳で1.0以上となります。
弱視とは
弱視って?
・何らかの原因で視力が十分に発達してない状態のことをいいます。
・近視でめがねをかけると見えるようになる子は弱視ではありません。
弱視の原因は?
1.斜視:片目がずれていると、物が二重に見えないように、その目は使われなくなり、弱視になります。
2.不同視:片目に強い近視や遠視や乱視があると、その目の視力は低下します。
3.遠視・乱視:両目に強い遠視や乱視があると、遠くも近くもピントが合いません。
4.白内障・眼瞼下垂:光の通り道が遮断され、視力は発達できません。
弱視を早く発見するには?
「テレビを近くで見る」
「頭を傾けて物を見る」
「目を細める」
「まぶしがる」
「瞳が白っぽい」
「まぶたが下がっている」
どれか1つでも当てはまるようでしたら要注意です。
弱視の治療は?
1.斜視:良いほうの目に眼帯をして、わるいほうの目を使うようにします。その後に、手術をすることがあります。
2.不同視:まずメガネをかけ、その後、必要なら良いほうの目に眼帯をして、わるいほうの目を使うようにします。
3.遠視・乱視:メガネを常にかけるようにします。
4.白内障・眼瞼下垂:手術療法が基本です。

ご家族のちょっとした注意で弱視が見つかるかもしれません。
少しでもおかしいと思ったら、まずはご相談ください。

|  TOP  |  ごあいさつ  |  診療案内  |  院内紹介  |  アクセス  |  目の病気Q&A  |
|  こどもの目の病気  |  中高年の目の病気  |